今回は、福井県小浜に行ってきました。

ハマチの夜釣りです。


午後16時30分に出港しました。

今日の波は、1.5m→0.5mの予報でした。

出航した時には、まだそこそこ波がありました。

冠島に行くのかと思いましたが、かなり手前のポイントで釣ることになりました。

そのため、約30分で到着しました。


ポイントに到着すると、さっそく準備にかかりました。

今回、胴付釣りです。


仕掛けは次のとおりです。


竿 海攻 ワラサ LIMITED 80-300
リール ハイパータナコン500Fe
12号 5本
ハリス 10号 全長8m
35cm
間隔 100cm
クッションゴム
おもり 80号



潮はそこそこ流れています。

あとは、釣れるかどうかが問題ですね。


エサのイカの切り身をつけて、仕掛けを投入します。

船のライトを点灯して、まだ時間が経っていませんので、まだ魚が集まってきていないようです。

しばらくは我慢です。


1時間ほど経ちましたが、さっぱりです。

そこで、ポイントの変更しました。

何回かやってみますが、当たりがありません。

この船の船長は、結構マメにポイントを変更してくれます。

2回ポイントを変更しました。


すると、竿先が勢いよく曲がります。

青物の当りです。

胴付は、当たりが明確なので楽しいですね。

ハリスが太いので、ややドラグは締め気味で、強引に巻き上げます。

10号以上なら、ハマチぐらいではなかなか切れることはありません。

ゆっくり巻くと、お祭りの危険がありますので、できるだけ早く巻き上げて魚を取り込む方がよいです。

釣り上げると、40cmほどのハマチが2匹付いていました。

ようやく釣れました。

嬉しいですね。


ここからは、もう大変なことになりました。

ハマチの爆釣モードに入りました。

仕掛けを投入して、撒き餌を撒くと、すぐに当たります。

1回当たりがあっても、すぐには上げません。

ハマチなどは、追い喰いしてくる可能性が高いからです。

しばらく放っておくと、竿先がどんどん大きく曲がっていきます。

巻き上げると、4匹ハマチが付いていました。


サイズは、40~45cmぐらいです。

メジロのような大きいものはいないのか、まったく釣れません。


1度に3匹や4匹釣れることは、何度もありました。

これの繰り返しです。

ほとんど、漁をやっているような感覚です。

仕掛けを投入して、すぐに当たるので、巻き上げるのです。

釣れた魚を締めたり、クーラーボックスに入れるのも一苦労です。


青物の夜釣りは、うまくいけば、このような爆釣が期待できます。

爆釣モードになると、もうクタクタになってしまいます。

釣れないよりは、全然いいですが、本当にしんどいですよ。


釣れ始めてから、2時間ちょっとでクーラーが満タンになりました。

その後釣れた分は、仲間にあげました。

もちろん、仲間もじゃんじゃん釣っていますので、全員のクーラーが満タンになってしまいました。

これ以上釣っても、仕方がないので、早帰りすることになりました。

もっと続ければ、まだまだ釣れたと思います。


クーラー満タンは久々ですね。

やはり気持ちがいいです。

午後8時ごろ、釣りを終えました。


今回は、途中から写真を撮る暇さえないような状態でした。

そのため、あまり写真が撮れませんでした。

スポンサーリン ク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="3681599193">





日時 2019年11月27日 16時30分~21時
人数 4人
ポイント 福井県 小浜
釣り方 胴付釣り


私の釣果
ハマチ20匹 40~45cm

サゴシ1匹 60cm

サバ2匹 35cm~40cm

全員の釣果
ハマチ130匹 40cm~45cm

サゴシ1匹 60cm

サバ5匹 35cm~45cm



スポンサーリン ク

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-6532604016438084"
data-ad-slot="2177510790">

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事