今回も京都府の冠島周辺にヒラマサ・マダイ釣りに行ってきました。

最近は天気の良い日が多く、暑くなってきました。


8時30分に出船しました。

今日は晴れで、風も波もありませんでした。


1時間ほどで冠島に着きました。

今日は特にボートが多かったです。

気候が良くなってきましたので、個人でボートに乗って釣りに来る人が増えてきたようです。

釣りの準備をします。

今回も、完全ふかせです。


仕掛けは次のとおりです。


竿 青龍竿 300Ⅲ
リール ハイパータナコン500Fe⇒シーボーグ500FT
12号 3本
ハリス 5号 全長15m
80cm
間隔 300cm
クッションゴム
おもり

仕掛けのハリスは5号にしました。

ブリがたまにくることもあるということで6号にしようかと迷いましたが、ひとまず5号でやってみることにしました。


仕掛けを流してみると、今回も潮があまり流れていません。

最近はどうもいけませんね。

いつも潮が流れていないわけではないようです。

2日前は適度に潮が流れていて、ブリやヒラマサがたくさん喰ってきたそうです。

うらやましいですね。

どうもツキがあまりないようですね。

魚はたくさんいるようなので、潮さえよければ爆釣の可能性が高いのですが、うまくいきませんね。


トモに座っての釣りです。

潮があまり流れていないので、魚がいるポイントまで流すだけでも時間がかかります。

いつもならすぐに誰かに当たりがあるのですが、今回はまったく当たりがありません。

しかも数時間もです。

今日は正直、まずいなと思いました。

一向に当たりがありません。


昼前になって、ようやくメンバーの竿に当たりがありました。

そこそこの引き込みがあります。

ヒラマサのような引きです。

上げると、40cmほどの小マサでした。


今日は全体的にイマイチなのか、ボートや釣り船が移動ばかりしています。

私たちが乗った船も例外ではなく、2回ほど場所を変えました。


そして午後1時ごろ、待望の当たりがありました。

いつも早く糸の出がよくなるように、仕掛けを投入したあとで20mほど手で強制的に送り出しています。

普通手で強制的に送り出した糸がピンと張ってからでないと、リールの糸は出ていきません。

この送り出した糸がピンと張る前にリールの糸が走りました。

突然のことに驚きました。

もしかしたら、鳥が糸に引っ掛かったのかなと思いました。

水面を見ましたが、鳥ではないようです。

すぐに電動リールのスイッチをONにして巻き始めます。

糸フケが取れると、竿が大きく曲がります。

間違いなく、魚が喰っています。

竿が柔らかいので竿の曲がりは大きいのですが、重みがありませんので大物ではないようです。

しかし、今日の1発目ですのでバラしたくはありません。

やや慎重にやり取りして釣り上げると、ヒラマサではなくハマチでした。

正確にはツバス(ハマチの小さいやつ)です。


このような釣れない状況では贅沢は言ってられません。

何でも釣れればOKです。

釣れないよりはマシです。


不思議と1匹釣れれば、他のメンバーにも当たりが出始めます。

しかし、今日はぱらぱらしか釣れません。


先ほどから30分ほどして、再度当たりがありました。

今度は約50mほど糸を流した時でした。

リールの糸がスーッと出ていきました。

完全ふかせ釣りでは、この瞬間が1番楽しいですね。

やったーと思わず、ガッツポーズをしたくなりますね。

まあまあの引きです。

マダイのような引き込みです。

巻き上げると、40cmほどのマダイでした。


すぐにメンバーの竿にも当たりがありました。

青物のような引きです。


柔らかめの竿とは言え、気持ちがよいほどの曲がり具合です。

このような当たりが最高ですね。

釣り上げると40cmほどのヒラマサでした。


その後、私はマダイが2匹釣れました。

他のメンバーにも、マダイやヒラマサが数匹ずつ釣れました。


午後6時ごろ釣りを終了しました。

2日前にブリやヒラマサがたくさん釣れていただけに残念な結果になってしまいました。


だいぶ暑かったです。

これから行かれる方は、暑さ対策を万全にして楽しい釣りをしてくださいね。


日時 2019年5月25日 8時30分~19時30分
人数 4人
ポイント 京都府 冠島周辺
釣り方 完全ふかせ


私の釣果
マダイ3匹 30cm~50cm

ツバス1匹 30cm

全員の釣果
マダイ14匹 30cm~60cm

ヒラマサ3匹 40cm~50cm

ツバス1匹 30cm

ウマヅラハギ1匹 20cm 

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事