17日に25分拡大で始まった嵐・松本潤さん主演のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」。

気になる初回の平均視聴率は、15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

それまでトップだった「警視庁捜査一課9係」の13.9%を上回り、4月クールのドラマの暫定1位になりました。

松本さんらが、意欲的に番宣活動を行った効果が出ました。

それに、松本さんが初めて弁護士役を務めることと、約2年3ヵ月ぶりの連続ドラマ主演ということでかなり話題になっていました。

予想どおりの高い数字です。

15%を超える数字は立派ですね。

松本さん演じる深山大翔は、刑事事件の裁判有罪率が99.9%であると言われていても、決して最後まであきらめず、残された0.1%の可能性にかけて、事実を追求していきます。

今回も、依頼人の無罪を信じて、細かい事実確認の作業を怠りませんでした。

そして、ついに依頼人が無実であるという証拠を見つけ出しました。

木村拓哉さん主演のドラマ「HERO」の主人公・久利生公平と似たところがあります。

もちろん、検事と弁護士という違いはありますが。

2人とも、とにかくじっとしておらず、現場などに出かけて新たな事実を見つけるのに奔走します。

依頼人の無実が立証された瞬間は、やったという気持ちになりますね。

今後、さらに厳しい依頼が来そうです。

深山が、どのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

〇初回放送後に、次のようなツイートがありました!