放送局 TBS
曜日・時間 火曜日22:00~
公式HP http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/
原作 松田奈緒子「重版出来!」

キャスト

黒沢心:黒木華
黒木華
引用元

五百旗頭敬(いおきべ けい):オダギリジョー 
オダギリジョー
引用元

小泉純:坂口健太郎
坂口健太郎
引用元

あらすじ・見どころ

ドラマの舞台は、週刊コミック誌の編集部となっています。

連続ドラマ初主演の黒木華さんが、主人公の新米編集者・黒沢心役を演じます。

心は、大手出版社・興都館(こうとかん)に入社し、週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属されました。

先輩編集者のオダギリジョー演じる五百旗頭から、編集についていろいろと学びます。

さまざまな編集部の仕事に魅せられ、どんどん仕事に打ち込むようになっていきます。

そして、いつか重版出来させたいと思うようになります。

重版出来(じゅうはんしゅったい)とは、初版と同じ版を使って、同じ判型、装丁で刷り直すことをいいます。

売れた漫画でないとこうはなりません。

しかし、なかなか思うようにはいきません。

心は、出版業界の現実の厳しさに直面しながらも、漫画が1冊でも多く売れるように頑張ります。

黒木さんは、佐藤健さん主演のドラマ「天皇の料理番」で、高浜俊子役を熱演しました。

その素晴らしい演技が、ネット上で大きな話題になりました。

今回の初主演を楽しみにしているファンに、どのような演技を見せてくれるのかに注目したいですね。

出演者のコメント

〇黒木華さんのコメント

「登場人物たち皆が魅力的で、それぞれの仕事に対する姿勢や人間同士のドラマに心打たれ、感動しました」と原作を読んだ感想をコメント。「こんなすてきな原作を、こんなに魅力的なキャストの皆さんとできるなんてすごく幸せに思います。原作の心ちゃんに負けないよう、胆大心小、頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

マイナビニュースより

主題歌

ユニコーン「エコー」

エコー

関連商品

主人公がつけていた時計!
シチズン インディペンデント×戦国BASARA 石田三成モデルメンズタイプ

シチズン インディペンデント×戦国BASARA 石田三成モデルメンズタイプ BR1-811-10
(アマゾン)

重版出来! コミック 1-6巻セット

(アマゾン)

スポンサーリンク

放送開始前のツイッターでの反応など

視聴率

9.2 → 7.1 → 7.9 → 9.1 → 7.3 → 7.0 → 6.8 → 7.8 →

第8話は7.8%

第7話は6.8%

5月24日に放送された第7話の平均視聴率が、6.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であったことがわかりました。

徐々に視聴率が下がっています。

何とか巻き返したいですね。

→参考記事

第6話は7.0%

第5話は7.3%

5月10日に放送された第5話の平均視聴率が、7.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であったことが明らかになりました。

第4話で9%台まで上昇しましたが、今回また7%台まで下がってしまいました。

裏番組のドラマ「僕のヤバイ妻」に、直接対決で敗れてしまいました。

→参考記事

第4話は9.1%

5月3日に放送された第4話の平均視聴率が、9.1%であったことが明らかになりました。

ジワジワと上がってきています。

これで、また2ケタの可能性も出てきました。

この回に、トレンディエンジェルの斎藤司さんがドラマ初出演を果たしました。

その効果が出たのでしょうか?

→参考記事

第3話は7.9%

第2話は7.1%

 
 19日に放送されたTBS系連続ドラマ「重版出来!(じゅうはんしゅったい)」(火曜午後10時)の2回目の平均視聴率が7・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが20日わかった。

(下の参考記事より引用)

第2話で7.1%は厳しいですね。

このままでは、早期打ち切りの可能性も出てくるのではないでしょうか?

期待されていたドラマだけに残念な結果ですね。

今週から、裏で「僕のヤバイ妻」がスタートしています。

「僕のヤバイ妻」も8.3%と厳しいスタートとなりましたが、今後は両ドラマによる生き残りをかけた対決になりそうです。

参考記事

初回視聴率は9.2%

 
 女優の黒木華さんが主演する連続ドラマ「重版出来(じゅうはんしゅったい)!」(TBS系、火曜午後10時)の初回が12日、15分拡大版で放送され、平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

(下の参考記事より引用)

黒木さん主演で話題になっていましたが、厳しいスタートとなりました。

黒木さんの演技を高く評価する声が多いだけに残念です。

ここから巻き返すのは、かなり大変だとは思いますが頑張って欲しいですね。

参考記事

ドラマ情報

【重版出来!】原作ファンからは批判の声!

視聴率が低迷しているドラマ「重版出来!」。

原作は、人気漫画だけにこの結果は寂しい限りです。

原作ファンからは、ある声が上がっているというのです。

 
主役に黒木が抜擢されたことが発表されると、反対意見が殺到。というのも、黒木が演じる主人公・黒沢心は、柔道のオリンピック日本代表候補に選ばれたこともある、根っからの体育会系キャラで、“小熊”の愛称からも分かるように、小柄でずんぐりむっくりしたルックスをしています。それに対して黒木は、線が細く色白で、どう見ても文化系。原作ファンからは『土屋太鳳ちゃんが良かった』『太鳳ちゃんが黒沢役だったらドラマ見るかも』などと、黒沢と同じく体育大学に籍を置き、スポーツ万能で、黒木と比べればずんぐりむっくりした体つきの土屋を主役に推す意見が多いようです。

(下の参考記事より引用)

漫画が実写化されると、こういう声は必ず出てきますね。

何とか、視聴率が上がればいいですが。

参考記事

【重版出来!】黒木華の主演は棚ぼた!?とんでもない失言!

 
 一部報道によると、黒木の主演は“棚ボタ”。最初にオファーしたのはNHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレークした能年玲奈。しかし、所属事務所と待遇を巡ってトラブルを抱え開店休業状態。そのため、結局調整が付かず、取りやめとなったという。次にオファーしたのは有村架純。有村は乗り気だったが、あまりにも忙しすぎてダメだったというのだ。

 「ドラマの制作発表会見では、あまり“場慣れ”していないのか、黒木は司会者の方ばかりを見て話していた。おまけに、ドラマに全面協力しているのは小学館。ほかのキャストは好きな漫画を聞かれ、他社でも過去の作品を答える“大人の対応”。ところが、あろうことか黒木は講談社や集英社の漫画誌に連載中の作品を答えるという“失言”。プロデューサーら制作サイドは頭を抱えてしまったようだ」(会見を取材した記者)

(下の参考記事より引用)

黒木さん本人も、脇役で頑張っていきたいと言っていたそうです。

もしかしたら、主演よりも脇役での演技の方が光るタイプなのかもしれません。

能年さん、有村さんがダメだったから、主演の座が回ってきたということですが、仮に事実でもこの情報を表に出さなくてもという感じはします。

あまりにも、黒木さんに失礼です。

失言に関しては、ご愛嬌ということで許してあげて欲しいですね。

初主演ということで、まだそこまで頭が回らないのかもしれません。

参考記事

【重版出来!】主題歌がユニコーンの新曲「エコー」に決定

 
 女優の黒木華が主演し、4月12日にスタートするTBSの火曜ドラマ「重版出来!」の主題歌に、5人組ロックバンド・ユニコーンの新曲「エコー」が決定した。楽曲は、ドラマのためにボーカル、ギターの奥田民生が作詞作曲を手掛けた書き下ろしとなる。

(下の参考記事より引用)

主題歌が、ユニコーンの「エコー」に決まりました。

奥田民生さんが作詞・作曲を手掛けたそうです。

どのような曲に仕上がったのか楽しみですね。

参考記事