昔に比べると、ドラマの人気がなくなってきています。

以前は、キャストさえ充実していれば、それなりの視聴率を取ることができました。

しかし、現在はストーリーや脚本もしっかりしていないと、2ケタさえも危ない状況です。

下町ロケット
引用元

7月からスタートした夏ドラマは、厳しい結果となってしまいました。

全話平均視聴率が10%を超えたのは、「花咲舞が黙ってない」、「デスノート」、「恋仲」の3作しかなかったのです。

これは、かなり危機的状況です。

では、10月からスタートした秋ドラマは、どうなのでしょうか?

初回だけを見ると、おおむね好調なようです。

 
(以下引用)

☆2015年10月期民放プライム帯連続ドラマ初回視聴率ランキング(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)
1位 『相棒season14』(テレビ朝日系/水谷豊主演/水曜午後9時~)18.4%
2位 『下町ロケット』(TBS系/阿部寛主演/日曜午後9時~)16.1%
3位 『偽装の夫婦』(日本テレビ系/天海祐希主演/水曜午後10時~)14.7%
4位 『遺産争族』(テレビ朝日系/向井理主演/木曜午後9時~)14.2%
5位 『科捜研の女 15』(テレビ朝日系/沢口靖子主演/木曜午後8時~)13.5%
6位 『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系/新垣結衣主演/土曜午後9時~)12.9%
6位 『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系/松坂桃李主演/火曜午後10時~)12.9%
8位 『5→9~私に恋したお坊さん』(フジテレビ系/石原さとみ主演/月曜午後9時~)12.6%
9位 『エンジェル・ハート』(日本テレビ系/上川隆也主演/日曜午後10時30分~)12.5%
10位 『コウノドリ』(TBS系/綾野剛主演/金曜午後10時~)12.4%
11位 『無痛~診える眼』(フジテレビ系/西島秀俊主演/水曜午後10時~)11.6%
12位 『釣りバカ日誌 新入社員 濱崎伝助』(テレビ東京系/濱田岳主演/金曜午後8時~)10.8%
13位 『オトナ女子』(フジテレビ系/篠原涼子主演/木曜午後10時~)9.9%
14位 『結婚式の前日に』(TBS系/香里奈主演/火曜午後10時~)7.7%
※参考1=おもな深夜帯連続ドラマ初回視聴率
・『サムライせんせい』(テレビ朝日系/錦戸亮主演/金曜午後11時15分~)7.4%
・『青春探偵ハルヤ』(日本テレビ系/玉森裕太主演/木曜午後11時59分~)5.1%
・『おかしの家』(TBS系/オダギリジョー主演/水曜午後11時53分~)2.8%
※参考2…NHK総合連続ドラマ初回視聴率
・『デザイナーベイビー』(黒木メイサ主演/火曜午後10時~)=9月22日放送開始 5.8%
・『破裂』(椎名桔平主演/土曜午後10時~)4.2%

(日刊サイゾーより)

夏ドラマの結果を考えると信じられません。

これほど、10%を大きく超えるドラマが多数出てくるとはね。

夏ドラマよりも、魅力的なドラマが多かったのでしょうか?

「相棒season14」は間違いなく、反町隆史さん効果が出ています。

もともとが人気シリーズなので、少し変化を加えると視聴者が帰ってきます。

「下町ロケット」はさすがですね。

原作が池井戸潤氏だったので、ヒットするとは思っていましたが。

最終回には、一体どれくらいの高視聴率を叩き出すのか、今から楽しみです。

「偽装の夫婦」は、天海祐希さんが主演だけに、そこそこ上位に入ってくるとは思っていました。

期待どおりですね。

「遺産争族」は、今後向井理さんが遺産相続にどのように巻き込まれていくのか、非常に興味を持ちました。

初回を見て、意外と面白いと感じました。

もっとも意外だったのは、「オトナ女子」です。

篠原涼子さんが主演なので、上位に入ってくると思われましたが、まさかの1ケタスタートです。

最近のドラマは、2話以降右肩下がりの傾向にあります。

実際、2話でほとんどのドラマが視聴率を下げています。

ここで踏ん張れるかどうかが重要ですね。

今のところ、安全圏にあるのは「相棒season14」「下町ロケット」だけのような気がします。

他のドラマは、まだまだどうなるのかわからないような状態です。

何とか、頑張って欲しいですね。