10月15日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」の件で、とんねるず・石橋貴明さんとフジテレビに批判の声が上がり続けているといいます。

この日、「新・食わず嫌い王決定戦」に西内まりやさんとヒュー・ジャックマンさんが登場しました。

番組内で、石橋さんが西内さんに対して、セクハラ行為を連発したのです。

石橋貴明
引用元

 
(以下引用)

西内が「今、私、すごいことになってます」と緊張していることを明かすと、石橋は「バクバクしてる?」と彼女の胸元をさわるような仕草を見せた。

 さらに、西内が「ジムに通っている」と話すと、石橋は「どこ(鍛えてるの)? ここ?」と、再び胸元にタッチしようとした。実際は、西内の“ガード”に阻まれたかたちになったが、これにはヒューも「僕がそれをやったら問題だ」「アメリカでは、そんなことしちゃダメだよ」と困惑していた。テレビ局関係者が語る。

(ビジネスジャーナルより)

昔なら、今回のような行為ぐらいでは何の問題もなかったと思います。

しかし、今は昔とは違います。

相手が不快に思えば、たとえ触れていなくてもセクハラが成立します。

今は、本当に厳しくなっています。

今回の石橋さんの行為は、アウトでしょう。

西内さんが訴えれば、石橋さんに勝ち目はないと思われます。

もし、西内さんが訴えればの話ですが、石橋さんはそのようなことになることはないと思っているのでしょうが。

確かに石橋さんは以前からこのようなことをしていますので、特に視聴者もそれほど驚くことはないと思います。

しかし、今回のようにあまりにもひどいと、視聴者も黙っていないようです。

今回は、ヒューさんがいたこともあるのでしょう。

ネット上には、「日本の恥」という書き込みも多かったようですからね。

石橋さんのセクハラ行為以外で問題となっているのが、フジテレビの対応です。

収録だったにもかかわらず、どうして石橋さんのセクハラ行為のシーンを放送したのかと批判が殺到しています。

「常識を疑う」「あのような映像を流しても何とも思わないのか」などといった声がありました。

確かに、放送前のチェックで問題にならなかったのかと思いますね。

バラエティ番組だけに、どこまでがセーフで、どこからがアウトという判断は本当に難しいです。

ただ、視聴者あってのテレビ局ですので、視聴者から批判の声が上がるということは、アウトだったということではないでしょうか?

このようなことが続くと、視聴者がますますフジから離れて行ってしまいます。

注意しなければなりませんね。

石橋貴明さんの西内まりやさんへのセクハラシーンはこちら!