1月15にから、木村拓哉さん主演のドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」の放送が始まりました。

放送前から話題になっていたドラマの1つです。

気になる初回の平均視聴率は、14.2%(関東地区 ビデオリサーチの調べ/以下同)であったことがわかりました。

さすがキムタクですね。

14%超えは見事な数字です。

今回、キムタクは初めての医師役を務めています。

過去にパイロットや検事、美容師などいろいろな職業の役を演じてきましたが、医師の役も似合っていました。

初回は、恩師の手術のためにアメリカから呼び戻され、手術をするという話でした。

ドラマの最後で、竹内結子さん演じる壇上深冬の脳に腫瘍が見つかりました。

手術するのが難しいようです。

今後、どうなるのか気になりますね。

「A LIFE」は好スタートを切りましたが、草なぎ剛さん主演のドラマ「嘘の戦争」は思いのほか数字が伸びませんでした。

「嘘の戦争」も、「A LIFE」同様にかなり話題になっていました。

それが、初回視聴率はまさかの11.8%でした。

11.8%自体はそれほど悪いわけではありませんが、期待されていただけに目立ってしまいました。

正直、15%ぐらいいってもおかしくはないと思っていました。

ネットのニュースを読んでいると、低調に終わったのは視聴者の“フジテレビ離れ”が原因だというような記事がありました。

本当かどうかはわかりませんが。

でも、実際のところ、何が原因だったのでしょうか?

草なぎさんの迫真の演技が光っていました。

それに、主人公が殺された家族の復讐をしていくという比較的人気がありそうなストーリーです。

何が原因かまったくわかりません。

個人的には、両ドラマ共に面白かったと思います。

今後も、視聴率に注目したいですね。