大人気子役として一世を風靡した内山信二さん。

その内山さんが、2日に放送された「しくじり先生3時間!!家族が大迷惑だよSP」に出演しました。

子役時代の崩壊した、金銭感覚について明かしました。
ranking

内山信二
引用元

内山さんと言えば、「あっぱれ さんま大先生」でしょう。

6歳の時に出演し、瞬く間に人気者になりました。

その後、CMやイベントに引っ張りだこだったといいます。

子役で大成功した、内山さんの驚きの金銭感覚が明らかに。

 
(以下引用)

 絶頂期の10歳では「マックス(最高)月収3000万円。(年収が)億を超えないわけがない」。中2の時に初めてカノジョができるとタクシーを迎えにやり、銀座の寿司店でデート。20万円する高級ブランド・シャネルのバックをプレゼントし、逆にフラれてしまったという。完全に金銭感覚はマヒ。加えて「完全に大人をなめてた」と回想する。

(スポニチアネックスより)

10歳で月収が3,000万円というのですから驚きです。

年収では、軽く1億円を超えていたようです。

本当に、芸能界はすごい世界ですね。

内山さんは、小学1年で小遣い1回が5万円だったそうです。

しかも、なくなるとまた親に言えば、5万円もらえたといいます。

駄菓子屋に行って、その棚にあるものをまとめて購入する棚買いをしていたとも。

中学生がデートで、彼女にブランドバッグをプレゼントしたという話は、今までに聞いたことがありません。

このように、内山さんの金銭感覚は完全に崩壊していたようです。

ここまで来ると、もう一種の病気ですね。

10歳をピークにどんどん仕事がなくなっていったそうですが、仕事がゼロになっても、この病気はしばらく治らなかったそうです。

その後、非行に走ったり、芸能界からの引退を考えるなど、いろいろと苦労したようです。

今は、もう金銭感覚は人並みになったそうです。

人生のピークが10歳というのは、あまりにも寂しいですね。