2日に放送された「痛快!明石家電視台」に、ジミー大西さんが出演しました。

そのジミーさんは、何と明石家さんまさんのお金約140万円をピンハネしていたことがわかりました。

これは、一体どういうことなのでしょうか?
ranking

ジミー大西
引用元

一時は、まったくテレビで見なくなったジミーさんですが、最近はたまに見るようになりました。

今回の同番組への出演は、19年ぶりだといいます。

昔は、ずっとレギュラーで出演していただけに懐かしいですね。

番組の中で、ジミーさんはさんまさんとの忘れられない思い出として、キャンピングカーを挙げました。

ジミーは、村上ショージ紹介の中古車販売業を営む知人から、キャンピングカーを購入しました。

当時、住むところがなかったジミーは、このキャンピングカーで寝泊まりしていたというのです。

実は、このキャンピングカーの代金はさんまさんが支払ったのですが、思わぬところからジミーさんがその代金を上乗せしていたことが明らかに。

 
(以下引用)

 さんまは「おれがあっちこっち行きたがるから、こいつがおれのために(買った)。いくらやったっけ?」と値段が話題になった。ショージが「80万」と答えると、ジミーは「いえいえ。220万」ともっと高額であったことを主張した。しかし、ショージは「80万。80万やで」と自信を持った口調で繰り返し強調。

 さんまはジミーを見て、「お前、上乗せしたな」と疑惑の追及が始まった。ショージは「おれの知り合いの人から紹介した車やし」と“80万説”を譲らず。その上で「さんまさんが払ったんですか?」と尋ねた。

 さんまが「…おれやろな」と答えるとジミーは固まってしまい、周囲から「何にも答えられへん!」とツッコミが入った。さんまは「お客さん、すいません」と番組観覧者に断った上で、「ショージ、これ80?」と再度追及。ショージが「そうです。その人にお金渡したあと、ぼく5万もらった」と自身も“ピンハネ”したことを自白してしまった。さんまは「お前も、うわまえもらった?!」とショージにも疑惑の目を向け、「お前ら、おれの金をなんや思てんねん!」と厳しい口調でツッコミ。

 ジミーは「どうもすんませんでした!」と、ついに頭を下げて謝罪すると、さんまは両手で口を覆って爆笑した。

(デイリースポーツより)

今頃になって、ジミーさんが約140万円をピンハネしていたことがわかるとはね。

キャンピングカーの代金は80万円ということですが、ピンハネした額がその倍近くというのには驚きました。

まさかジミーさんがね。

ここまで来れば、もはや犯罪レベルです。

さんまさんが訴えれば、捕まりますね。

もう時効かもしれませんが。

ジミーさんは、正直なところ焦ったのではないでしょうか?

まさか、このような展開になろうとは思っても見なかったでしょう。

やはり、悪いことをすれば、いつかはバレますね。