19日に放送された「SMAP×SMAP」の「BISTRO SMAP」のコーナーに、三谷幸喜さんが脚本・監督を務めた映画「ギャラクシー街道」の出演者が登場しました。

その中に、山本耕史さんの姿もありました。

この日の山本さんは、いつもと違っていました。

山本耕史
引用元

番組の中で、山本さんらが「YES」「NO」の2択で答えていくコーナーがありました。

その場の思いつきでセリフを変えるかという質問で、山本さんは「YES」と答えました。

山本さんは、三谷さんの作品はそのままでも面白いのであまり変えなかったそうですが、人によっては面白くないので変えるというのです。

その後、山本さんの口から信じられない言葉が。

 
(以下引用)

そして次の瞬間、山本は「クソつまんない(セリフの)ときは…」と、いきなり暴言を吐いたのだ。周囲がざわつくなか、山本は、自分の考えたセリフの方がいいと思ったときには「俺が何を言っても、絶対に文句を言わせない」ようにしていると、若干キレ気味で説明した。

(livedoor NEWSより)

山本さんからここまでの暴言を聞くとは、思いもしませんでした。

本当に驚きました。

さらに、山本さんの暴言は続きます。

撮影後に共演者と飲みに行くかという質問で、山本さんは「YES」と答えました。

そして、すごく嫌いな人たちの現場では行かないと、またしても暴言を吐いたのです。

この時の山本さん!

これには、さすがの木村拓哉さんも心配していました。

仲がよい香取慎吾さんは、「いつもこのような感じですけど、ちゃんと仕事はします」とフォローしていました。